ウデナフィル配合ザイデナとは

ウデナフィル配合ザイデナとは

ウデナフィル配合のザイデナ

 

ウデナフィルは、今勃起不全の治療薬として注目されていますが、もとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。そのほか、残尿感や尿意切迫感の緩和など泌尿器系の症状に対しても効果が期待できます。

 

しかしまだアメリカの食品医療局の承認が下りていないこともあり、使用の際にはご本人による注意が必要とされています。

 

研究が進み勃起不全の原因とされるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害する働きもあることが解明されており、勃起薬としての地位も固めつつあります。

 

そのようなウデナフィルを配合している勃起薬としてザイデナはいま日本でとても注目されているのです。

 

ザイデナが注目されている理由

 

勃起薬開発の先進国と言えば欧米諸国があげられます。日本は技術的にはこれら欧米諸国とそん色ないのですが、決まりがまだ整備されていないことから後れを取っているとも言えます。そのために新薬の開発にはどうしても後発的になっているのです。

 

そのために様々な勃起薬はどうしても欧米諸国向けの商品がほとんどで、日本人が服用するにはきつすぎるということもあります。しかしこのザイデナは韓国が開発製造しているということもあり、世界で初めてのアジア人向けの勃起薬ともいえるのです。

 

そのため、販売が開始された当初はアジア諸国から大量の注文が殺到して、品物がなくなるほどの人気でした。

 

今でもその人気は衰えておらず、日本でもゼイデナという商品名を挙げずに大物有名人が常習的に使用しているとテレビで公開したのどです。

 

女性が求める男性の性能

 

性交に対しての女性の希望は男性なら気になるところです。よく女性が絶頂を迎えることをオーガズムと表現することがありますが、これは男性にはよくわからない感覚なのではないでしょうか?

 

女性は男性と違い快感が絶頂に達すると、全身の筋肉が収縮して全身に力が入ります。そしてそのあとに、全身の筋肉が弛緩して、全身に大量の血液が流れ込みます。この状態の時に女性はオーガズムに達している状態だをされています。

 

女性が男性に求める勃起時のサイズは意外なことにそれ程サイズは必要ないのです。これは女性の刺激されて気持ちのいい部分というのが、女性器の入り口付近の集中しているからです。なので、あまり奥の方を刺激されてもそれほど女性は快感だとは感じないのです。ただ膣奥にある子宮口の部分に快感を見出す女性がいるのも事実です。

 

しかし男性にはわかりにくいですが、子宮口を刺激するには勃起時のサイズが13センチもあれば十分に届く場所にあるので、サイズに関してはそれほど心配する必要がありません。

 

それよりも女性は挿入よりも前議やその環境に快感を左右されるということを知ってください。多くの男性がこのことを知らずに性交をしています。女性からは男性の行為が気持ちよくないとはなかなか言えないものなのです。さらにこうしてほしいということも言えないものです。完全に受け身の女性が多いのが事実です。

 

なので、女性の快感を決定するのは男性の行いひとつにかかっているということを肝に銘じておいてください。様々な前議に関する方法をしっかりと勉強して、男性女性ともに深い快感を得られる性交を見つけ出してくださいね。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ